第7回日本ボツリヌス治療学会学術大会 ハンズオンセミナー
ボツリヌス治療における Action Research Arm Test の有用性

日時

2020年9月19日(土) 14:50 ~ 15:40(受付開始:14:40)

会場

砂防会館シェーンバッハ・サボー 別館3階「霧島」
〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目7−5

主催

インターリハ株式会社

講師名

伊東寛史 先生(東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科)
村田海 先生 (東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科)
坂本大悟 先生(東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科)

概要

ボツリヌス治療の効果判定として,ARATを用いる有用性について紹介する

1.BTX治療と上肢機能評価
内容:近年,BTX学会発表で用いられている評価を紹介
mAs,FMA,STEFとの比較をして,ARATの特徴と有用性について説明

2.ARATについて 
内容:ARATの概要,採点基準,各PartにおいてOTが着目している視点を説明
 
3.症例提示
内容:症例を提示し,他の上肢機能評価と比較し,ARATが捉えうる点について,検討

4.質疑応答
 

募集人数

30名

受講料金

無料

お申込み

申し込みの際は、下記フォームへ必要事項をご入力の上【送信する】をクリックしてください。