上肢評価システム
ARAT

型式:IP-ARATS
片麻痺麻痺側上肢評価のグローバルスタンダード
世界標準の上肢機能評価「Action Research Arm Test(ARAT)」は
前後・左右・上下の3軸における日常生活を意識した評価機器。
4つのサブテスト(grasp,grip,pinch,gross movement),合計19項目で構成され,それぞれの動作に対する完遂度と時間に基づいて採点し,評価時間が短くなる工夫がされている臨床現場に合った機器です

寸法

(ケース寸法)750(W)×130(D)×400(H)mm

(展開時寸法)750(W)×840(D)×400(H)mm 

重量

11.5kg

仕様

・チューブターゲット用厚板

・薄板

・木製ブロック

・木製ボール

・金属チューブ10mm/25mm

・石板10×25×108mm

・金属ボール6mm

・ビー玉15mm

・ワッシャー

・プラスチック製グラス2個

・ブリキの蓋2個

信頼性

信頼性、妥当性、反応性は「Fugl-Meyer Assesment」の上肢運動項目と高い相関があり、STEFと比較して上肢機能の変化に反応性が高いと言われています。

重度から軽度まで幅広く評価

重度麻痺の患者では検査が困難あった評価も、麻痺側上肢機能障害が重度の方から軽度の方まで幅広く評価できます。

4種類19項目のテスト構成

Grasp(つかむ)、Grip(握る)、Pinch(つまむ)、Gross movement(粗大運動)の4種類19項目のテストで構成されています。評価時間の平均は5分~15分程度で実施できます。