筋収縮特性測定器 TMG-100
製品案内

筋収縮特性測定器 TMG-100

科学的に裏づけられた機能性、および選択性の高い筋力測定

TMG-100測定システムは、科学的に裏づけられた手法の"Tensiomyography"をベースとしています。

TMGは客観性と選択性に富んだ非侵襲的な方法で、筋収縮性質に関する 情報を提供します。筋組成、筋の機能的特徴、局部筋疲労、萎縮性、筋抑制、痙性、筋組織の緊張などがわかります。再現性が高く、筋機能の急性および慢性変化を長期的に観察できます。

測定プロセス

完全に非侵襲的かつ迅速で使い勝手の良い測定方法です。標準的かつ反復可能な筋収縮を確保するために電気刺激装置を用いて外部刺激を与えます。センサーは変位量を測定し、時間ベースの特徴を観察できます。

身体を進化させる科学

スポーツ パフォーマンス

TMG-100がパフォーマンスコーチをヘルプ
選手の万全な体調の確保および維持
アスリートのプロファイリングによる個別のアプローチ
トレーニングの正確なベンチマーク設定

マネジメントとコーチング

TMG-100がマネジメントとコーチングスタッフをアシスト
医療およびパフォーマンスデータの可視化
より豊富な情報に基づく迅速な戦術的・戦略的意思決定
年間を通じた選手の状態のモニタリング

個々の筋の収縮特性を、非侵襲的に、実践的に迅速に、かつ正確に測定できます。ケガのリスク管理や、長期に渡るパフォーマンスの変化を記録できます。

測定結果は、時間/変位カーブとして瞬時で画面に表示されます。
センサーの動的応答時間が "msec"単位で表示され、速筋線維と遅筋線維との反応差異を区別できます。

メイングラフ

ユーザーフレンドリーなインターフェイス

ソフトウェアの主なメリット
測定結果のグラフおよび数値表示
様々なエキスポートフォーマットをサポート
保護されたデータベースに測定結果を格納
ソフトウェアアップグレードとオンサイト保守サービス

測定手順と、測定内容から見られる筋肉状態

  1. 皮膚を乾かす
  2. テスト中はリラックスした状態で
  3. センサー設置
  4. 測定目的にセットしたセンサーを挟むように電極をセット
  5. 20mA刺激でスタート
  6. 収縮時間と変位量の変化が皆無、または最小になるまで徐々に刺激を上げる
  7. 測定対象(関節)が常に標準位置にあることを確認

効果的な測定と、適切なトレーニングへの指針提供

TMG測定システムは、質的・量的なモニタリングで、迅速かつシンプルに明確なトレーニングプラン指針を提供します。

  • 運動パフォーマンスの情報取得
  • 筋組織の推定による個別トレーニングメニューの作成

TMGがサポートする主要研究分野

  • リハビリプロセスのモニタリング
  • 左右相称性
  • スポーツトレーニング
  • 機能的対称性(屈筋と伸筋の調和)
  • 疲労指数
  • 怪我予防
  • 機能解剖学
  • 筋持久性

仕様

参考データベース

※本製品は研究用機器のため、臨床用途には使用できません。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

評価計測・研究リサーチ関連

クリニカルインフォメーションラインナップ

ページTOPへ↑