リアライン・コア リハブ
製品案内

リアライン・コア リハブ

製造販売届出番号 :13B2X00181RLCM0001

左右対称なアライメントに誘導、骨盤と胸郭の歪みを効果的に改善

リアライン・コア リハブは、コアを構成する骨盤と胸郭の歪みを整えるための骨盤ユニットと胸郭ユニットからなる運動補助具です。装着して運動することにより、歪みのない骨盤と胸郭を保った運動パターンを効果的に学習することができます。

特徴

  • 骨盤ユニット
    足踏み・歩行・スクワット 骨盤が左右対称な状態に誘導されます。
  • 胸郭ユニット
    深呼吸・後屈運動・回旋運動・上肢の運動 胸郭の下部が左右対称に拡張できるようになります。

使用目的と場面



  • 姿勢改善
  • 脊柱可動域改善
  • 股関節・肩関節可動域改善
  • 筋バランス
  • コアの安定化
  • アスリート
    骨盤と胸郭の歪み対策を日々のコンディショニングの中核に位置づけ、コアの機能を最大化させる。
  • フィットネス
    骨盤と胸郭の歪み対策により、柔軟でバランスの良い健康な背骨を保つ。
  • リハビリ・治療
    骨盤と胸郭の対称性を獲得し、さまざまな疾患の治療にあたる。

効果

  • 歪んだ骨盤を対称化し安定させる。
  • 下位胸郭を対称化し拡張改善させる。
  • 脳と筋肉に理想のアライメントの学習をさせる。
販売名 リアライン・コア リハブ
製造販売届出番号 13B2X00181RLCM0001
一般的名称 非能動型展伸・屈伸回転運動装置
クラス分類 クラスI 一般医療機器 / 特定保守管理医療機器
JMDNコード 70610000
 
まずはお気軽にお問い合わせ下さい

運動療法関連

クリニカルインフォメーションラインナップ

ページTOPへ↑