マルチパラレルバー
製品案内

マルチパラレルバー(3m)

全ての利用者に、より高いレベルのリハビリを提案する。

革新的な平行棒がリハビリテーションの領域を広げます。子供から大人まで利用者の体型や歩行レベルに合わせて様々な用途が簡単に調整できます。ハンドレールの幅や高さ調整、歩行プラットフォームのスロープの高さを無段階で調整が可能、利用者のレベルに合わせて歩行プラットフォームに様々な障害物(バリア)を設置する事もでき、効果の高いリハビリテーションを提供出来ます。

歩行プラットフォームの角度調整

ハンドスイッチによる簡単操作で歩行プラットフォームの角度(スロープ)を調整できます。リハビリテーション中の患者様の状態に合わせて、適度に歩行困難な条件を提供することができます。

バリアツールによる障害物の配置

様々な障害物(バリア)を歩行プラットホームに配置する事で、利用者のレベルに合わせて歩行訓練を行う事ができます。マグネットを採用することで、より早く安全に簡単に設置する事ができます。

パラレルバーガイダーによる安全性の向上

パラレルバーガイダー(オプション)を使用することで身体の支持性を高め、よりスムーズで安全な訓練ができます。

ハンドレールの高さ調整

ハンドレールの高さ調整により患者様の身長に合ったリハビリテーションを提供できるほか、車いすからのアプローチもスムーズに行う事ができます。

マルチパラレルバーPV

仕様

マルチパラレルバー 3M(IP-01327)

マルチパラレルバー 2M(IP-01325)

マルチパラレルバー 3Mセット(IP-1327S)

オプション

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

運動療法関連

クリニカルインフォメーションラインナップ

ページTOPへ↑