KiNvis 自己運動錯覚誘導システム
製品案内

KiNvisTM 自己運動錯覚誘導システム

Augmented Realityを活用することで、片麻痺の麻痺側や感覚・運動機能低下のある上肢を動かしているような錯覚を誘導します

自己運動錯覚とは

KiNvisにより「視覚誘導性自己運動錯覚」を実現します

自己運動錯覚とは、関節運動が生じていないにも関わらず、あたかも自身の四肢が動いているような感覚が引き起こされるものです。映像の撮影機能も備えており、様々な種類の錯覚映像を作成可能です。ミラーセラピーのように対側の身体運動が伴わないため、運動指令に伴う脳活動の影響を排除した効果の高い視覚誘導性自己運動錯覚を実現します。

自己運動錯覚による身体への影響

  • 麻痺側の上部に健側の動作映像を反転再生し、麻痺側の手が動いているように錯覚させ運動企図を生成
  • 麻痺側への自己身体所有感(Ownership)と運動主体感(Agency)を誘起
  • 皮膚感覚が残存している場合、触覚刺激の併用による感覚没入効果(Ownership)の増大

自己運動錯覚による脳活動

  • 運動錯覚により、運動の発現に関わる脳神経回路網が賦活します。※図1
  • 自己運動錯覚は、皮質脊髄路の興奮性が増大します。※図2

図1
Kaneko F., Blanchard C., Lebar N., Nazarian B., Kavounoudias A., Romaiguére P. : Brain regions associated to a kinesthetic illusion evoked by watching a video of one's own moving hand. PLOS ONE, 10 (8), e0131970, 2015.

図2
Kaneko F., Yasojima T., Kizuka T.: Kinesthetic illusiory feeling induced by a finger movement movie effects on corticomotor excitability. Neuroscience, 149 (4). 976 - 984, 2007.

KiNvisハードウェアの特徴

可動部を持たない安全設計

  • 照明の調整が不要な没入空間
  • 自己運動錯覚に集中できる環境
  • 側面、背面に開口部を有し、触覚刺激が容易な設計※図3
  • 調音材オーラルソニックをケーシングに標準採用しており心安らぐ静かな環境を実現
  • 専用の電動昇降椅子により、140㎝~180㎝まで対応可能
  • 暗視カメラによる患者の状態確認が可能
  • デジタル化によるデータの蓄積

図3 触覚錯覚例

KiNvisソフトウェアの特徴

対話式GUIによる臨床で簡便に使用できるソフトウェア

映像加工機能
取り込んだ映像の位置・角度・縮尺に加え、カメラの露光量や明度を変えることでよりリアルな手を、自然な位置に移動できます。健側と患側で大きく角度が異なる場合などに活躍します。
映像比較機能
再生中の錯覚動画と実際の手の映像を並べることができます。そのため、KiNvis利用時に見ている動画と実際の手の動きを比較することができます。
録画再生モード
撮影した動画をその場で再生できる機能です。その場で手軽にKiNvisを行いたい場合や、おおよそのセッティングを確認する場合に便利です。
録画モード
連続して動画を撮影できるモードです。ある程度慣れてきて、複数の動画をまとめて取りたい場合などに便利です。
プログラム再生モード
録画した動画を組み合わせて任意のライブラリを作成し、再生するモードです。各動画の再生時間や、再生開始位置・終了位置も編集できますので、独自のライブラリを作成可能です。
オーバーレイ機能
現実の動画と錯覚動画の移行を徐々に行うことで動画切替時の違和感を薄め、錯覚感を高めます。※図4

図4 オーバーレイ再生例

他機器との連携

  • 筋電や脳波の変化による運動企図をトリガーとして、動画再生が可能 ※図5
  • 外部装置との同期によってヘッブ則に基づいた学習を誘導
  • 他システムとの同期
    インターリハ取り扱い筋電計DelsysとUSB連動し、EMG波形から動画再生が可能
    将来的には脳波計や電気刺激装置、磁気刺激装置との連携が期待される

図5 筋電計(Delsys)との連携

仕様・構成

KiNvis基本サイズ   900mmx1200mmx1800mm
PC及びラック込み ラックサイズ   650mmx420mmx1100mm
必要緒元   電源100V
基本OS   Windows10
最大消費電力   10A
価格   275万円(税抜)
オプション   電動昇降椅子、肘受け

人が乗った状態で移動、昇降が可能な電動昇降椅子です。
キャスターは背面のフットスイッチでワンタッチでロックが可能です。
座面高さ:最低 約427mm~最高 約577mm
まずはお気軽にお問い合わせ下さい

運動療法関連

クリニカルインフォメーションラインナップ

ページTOPへ↑