注視点計測装置 アイトラッキングシステム Dikablis
製品案内

注視点計測装置 アイトラッキングシステム Dikablis

三次元動作分析装置VICONと連動し統合解析が可能に
世界最軽量69gのアイトラッキングシステム

特徴



  • 世界最軽量69g、ずれの少ないヘッドユニット
  • 眼鏡・コンタクトレンズ使用者も計測ができます。
  • 簡単・精確な4点キャリブレーション
  • リキャリブレーションにより、記録済みデータも有効活用できます。
  • 外部装置とのデータ連携
  • モーションキャプチャ・システムVICON、ドライビング・シミュレーターなど、様々な外部装置との連動ができます。
    ※オプション・ソフトウェアSimlab使用時にドライビング・シミュレーターと連動可能。
  • 柔軟な開発環境
  • HMDへの組み込みなど、新しい装置・システムの開発に発展させることがで きます。
    ※HDK(ハードウェア・ディベロップメント・キット)使用時
 

仕様

ヘッドユニット重量 69g
付属ケーブル長 2m(標準)
1mごと最長50mまで延長可能(OPTION)
周波数 50Hz(PAL)
カメラ画素数 視野カメラ:768×576 アイカメラ:352×288
トラッキング解像度 0.1度
精度 0.5度
検出方式 暗瞳孔法
付属レンズ画角 狭角69度 標準84度 広角104度 超広角116度
消費電力 320mA
電源 AC100V ※DC12Vシガーソケット供給可能
 

Dikablis 付属解析ソフトウェア D-Lab



  • 計画(Plan)・計測(Measure)・分析(Analyze)の3プロセス・データ処理 データの取得から管理までを確実に行うことができます。
  • 幾何学模様マーカの使用による、関心領域(AOI)のリアルタイム追跡マーカ 座標系への変換により、頭部の変位を自動で補正できます。
  • 簡単なデータ解析・出力 記録済みデータを自動的に解析できます。テキスト形式でエクスポートすれ ば、外部表計算ソフトウェアなどで参照できます。
  • 視点座標のヒートマップ表示・出力 注視点分布をわかりやすく、全体的に分析できます。
  • 外部入力データとの同期
    (オプション・ソフトウェアSimlab使用時)
  • 音声・ビデオなど、多チャンネル同期記録により、応用範囲が広がります。

仕様

対応OS Windows XP、Windows 7(32bit)
リアルタイム出力データ項目 視野カメラ・アイカメラビデオデータ、絶対タイムライン、 相対タイムライン、キャリブレーション情報、瞳孔中心座標 (アイカメラ・視野カメラ座標系)、瞳孔形状(高さ・幅・径)
(眼球制御モジュール使用時)ワールド座標系内の注視点座標
(トリガー使用時)タスク開始点・終了点、イベント開始点・終了点
リアルタイム出力データ形式 TCP/IP ※オプションでTTL可能
解析出力データ項目 ビデオデータ(単一・複数ヒートマップ、注視点遷移情報を任意付加) ワールド座標系内の注視点座標、タスク間隔、関心領域(AOI)への 注視期間(開始時間、期間、終了時間)、注視作業負荷量(水平深索作 業)、関心領域(AOI)ベース解析値
解析出力データ形式 テキスト(.txt)形式
 
まずはお気軽にお問い合わせ下さい

評価計測・研究リサーチ関連

クリニカルインフォメーションラインナップ

ページTOPへ↑